アニメ芸能情報局

アニメや芸能などの2chまとめサイトのまとめを提供します。

昭和元禄落語心中 第12話 感想【キャプ画像あり】

   

昭和元禄落語心中 第12話 感想【キャプ画像あり】

cap (217)

あらすじ
温泉街の旅館で開かれる小さな落語会。菊比古も小夏も松田も、誰もが高座に上がる助六の姿を待ち望んでいた。一方、助六は落語を愛する客の温かさに触れ、改めて落語と人との繋がりを実感する。菊比古のはからいで七代目八雲の紋付きを羽織り、披露するのは『芝浜』。ついに助六と菊比古の止まっていた時間が動き出すのだが……それはみよ吉にとっても同様だった。

公式サイト

続きを読む

 - Uncategorized

イミグラン錠